飲みやすい!子供におすすめ青汁~野菜不足や免疫力UPに

こども青汁元気くん

青汁

コレステロール値が高い!下げるならこの青汁「緑でサラナ」

投稿日:

コレステロール値が高いと言われたら、早めの対策が一番重要です。

早めに始めれば簡単に治ったものが、「まぁ、なんとかなるか」で気付けば悪化。手術が必要になってからやっと人は後悔するのです。

5年後、10年後も好きなモノを食べて行きたい場所に行けるようにコレステロール値が上がり始めたらすぐに対策をしましょう。

サンスターの「緑でサラナ」は青汁の中でも唯一コレステロールを下げる天然アミノ酸「SMCS」を含む特定保健用食品(トクホ)です。

コレステロールを下げるSMCSを含んだ唯一のトクホ青汁「緑でサラナ」

コレステロール値が高いとどうなる?

コレステロールとは簡単に言ってしまうと「脂質」です。コレステロールにはLDLに包まれたいわゆる「悪玉コレステロール」HDLに包まれた「善玉コレステロール」があります。

脂質の多い食事のとり過ぎなどで「LDLコレステロール」が増えすぎてしまうと血管の壁に脂質が溜まってしまい「動脈硬化」が進行する原因となります。

コレステロール自体は必要なものなのですが過剰に増えすぎると血管に障害を及ぼすのです。

コレステロールについて

以下が動脈硬化によって起こるおもな病気です。どれも怖いですが脳梗塞や心疾患はガンに続く死因として高いものなので注意が必要です。

  1. 脳梗塞
  2. 狭心症
  3. 心筋梗塞
  4. 大動脈瘤
  5. 腎動脈硬化症
  6. 閉塞性動脈硬化症

http://www.kaibashobo.co.jp/information/hokenshi_tuiho/skillneo02_toukei2016.pdf

なってからでは遅い!後悔する前に早めのコレステロール対策

なぜ「緑でサラナ」がコレステロール値が下がるのか?

実際に3週間後にコレステロール値が低下!

実際に140~180(mg/dl)未満の男女を対象とした25人に「緑でサラナ」を1日2缶ずつ3週間摂取した結果、155(mg/dl)以上あったLDLコレステロール値が145(mg/dl)以下まで下がりました

天然アミノ酸「SMCS」がコレステロールを下げる

青汁に含まれる「SMCS」がコレステロールを胆汁酸に変化さえて酵素を活性化し小腸に分泌して体外に排出します。

これにより血中のコレステロールが低下するのです。

青汁元気くん
SMCSとはキャベツ、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜に含まれる天然アミノ酸の一種でコレステロールの低下作用が認められています。

砂糖・食塩・保存料・香料不使用!安心の無添加

「緑のサラナ」にはブロッコリー、キャベツ、パセリ、セロリ、ほうれん草、大根葉、レタス、小松菜にリンゴとレモンが入り独自のフレシュピューレ製法で青臭さを感じない新鮮な口当たりで飲みやすくなっています。

もちろん砂糖・食塩・保存料・香料不使用の無添加です。

1日たったの180円。
まずは30日続けてみましょう。

公式サイトはコチラ

※記事の内容は個人の感想です。
※当サイトの写真を含むコンテンツの全ては著作権で保護されています。無断での使用及び引用は法的に罰せられます

-青汁

Copyright© こども青汁元気くん , 2017 All Rights Reserved.